スピークナチュラル 英会話 効率

ネイティブの会話は長文ではなく短文

スピークナチュラルでは、ネイティブの会話において長文は必要ないと考えています。
考えてみると、日本語でも文章での長文はありますが、日常的な会話では長文は使われるようなことはありません。

 

会議やプレゼンなどの仕事場面では説明時に長い文章を使うことはあります。
しかし、まずはスピークナチュラルのコンセプト通りに、短文をマスターしていく積み重ねで、長い文章を使った会話もできるようになっていきます。

 

つまり、スピークナチュラルの学習方法にしたがって、まずは短文で効率的に学習を積み重ねていきましょう。その積み重ねが重要なのです。焦らずに一歩一歩ていねいに進めていくことが熟達への近道ということです。

 

本来、会話というのは言葉と言葉のやりとりで成り立っており、言葉のキャッチボールでもあると言われています。
また、短文のやり取りの方がリズミカルで、心地の良い会話になります。
会話が弾む時とは、難しい言葉を使わずにシンプルな言葉でキャッチボールを行っている時のようです。