スピークナチュラル 発音 アクセント

早口な教材では、発音やアクセントを正しく聞き取れない

現在、小学校5年から行っている英語授業を、もう少し低学年から始めようとする動きが出ています。
そのようなこともあり、英語に対する意識が高まってきています。
そんな中、聞くだけで英語が話せるようになる教材や、速いスピードで話す英語に慣れることが効果的なリスニング方法だと提唱する人たちもいます。

 

スピークナチュラルでは、英語を使うことができるようになるための第一歩は、自分で話したい表現を模倣して練習することが基本だと考えています。
そのためには、きちんと聞き取れるスピードが大事だということです。

 

したがって、スピークナチュラルでは、ゆっくりとした速さで正しい発音やアクセントを模倣できるように教材を工夫しています。
早口で聞き取れない発音やアクセントを真似すること自体に無理があるからです。

 

遅い速度で正しい発音やアクセントを身につけことができれば、当然速いスピードの会話もリスニングできるようになると、スピークナチュラルでは考えているのです。